あとは野となれ山となれ

こどもや動物、みんなが安心して暮らせる世界でありますように・・・

テレビ・ニュース

素晴らしい子供たち

今朝のニュースの中で、子供のかかわる二つのニュースに感心してしまった。 一つは、中学生が授業で習ったAEDを使って、先生の命を救ったというものだ。昨年の大型連休中のこと。鎌倉の第一中学校バスケットボール部が体育館で練習中、顧問の教師が突然意…

しゃべりかた美人

今月のNHK『100分de名著』は『金子みすゞ詩集』だ。26歳で命を絶ってしまった詩人の作品は今やあまりに有名だけれども、今回私は指南役の松本侑子さんについて書きたい。 翻訳家で作家の松本さんは『赤毛のアン』シリーズを翻訳していらっしゃるそうだが、私…

コロナ後にはローカル線で・・・『鉄オタ道子、2万キロ』

このドラマを見ると、出不精の私でも、ひなびたローカル線に乗りたい気分になる。番組の紹介サイトに、六角精児さん(ドラマでは雑誌「旅と鉄道」の編集長役)の「観ている方に、鉄道っていいなあと感じていただけるようなドラマになることを願っています」…

トンガに思いを馳せる

夜中から出ていた津波警報はすべて解除になったという。ただでさえ寒いこの時期に、体育館などで過ごされるのはどんなにおつらいことだろう。また10年前の津波を体験した方々は、どんなに不安な夜だったことだろう。避難していた方たちは、皆さん自宅に戻る…

市原悦子さんに心つかまれる映画『しゃぼん玉』

当地では4日の深夜と言うか、5日の未明に放送になった映画『しゃぼん玉』を、昨夜鑑賞した。どんな作品かも知らないまま期待もせず録画したのだけれど、これが心にしみる大変良い作品だった。 伊豆見(林遣都)は恵まれない生い立ちからすさんだ生活をし、…

今年もお見事!「正月時代劇『幕末相棒伝』」

正月3日の夜、今年もNHKで正月時代劇の放送があった。今回は『幕末相棒伝』ということで、坂本龍馬と土方歳三が将軍襲撃事件の犯人を突き止めるという密命を受け、対立しながらも、2日という期限の中で捜査するという、大胆な設定の物語だった。 その坂本…

『サムライカアサン』に泣かされる

城島茂さん主演の『サムライカアサン』、以前も意外に良いと取り上げたけれど、先日放送された最終回の録画を見て、号泣させられてしまった。 城島さん演じる「オカン」が溺愛する一人息子の武士が、高校を卒業し、一人暮らしをするため家を出る、その引っ越…

笑って、泣いてしまう『サムライカアサン』

TOKIOの城島茂さんが、愛情あふれる熱い(あるいは暑苦しい?)「オカン」を演じる深夜のドラマ『サムライカアサン』がとてもいい。 専業主婦の伊佐木よい子は、一人息子の武士を溺愛している。ところが思春期の息子はよい子が心を込めて作った弁当をうるさ…

ニューとクサイは敬遠か

ミューまで来ていたコロナウィルスの変異株だが、今度のものはオミクロン株。いつの間にか2つの変異は通り過ぎていたのかと思ったら、名前を付けるときに意識的に飛ばされたらしい。 ミューの次であるニューは「new」という言葉と混同するのを避けるため。…

外からの人が拾い上げてくれる日本の宝石

今年の2月にBSプレミアムで放送された番組らしいが、このほどEテレで放送されたものを見た。『カールさんとティーナさんの古民家村だより』。 番組の紹介ページから ***** 新潟の限界集落を、ドイツ人建築デザイナーのカールさんがよみがえらせた。朽…

あっぱれな新庄新監督

なんだか大方のものが金まみれのような気がして、どうもスポーツには興味が持てなくなってしまったのだけれど、今朝テレビをつけると、新庄日ハム新監督が映っていた。 真っ赤なトレーニングウエアにサングラス姿で、白い車の屋根の上に立って選手を指導して…

それぞれ傷を抱える世の中

またしてもテレ東の深夜ドラマに心をつかまれている。原田知世さん主演の不思議なスナックを舞台にしたお話『スナックキズツキ』だ。これまた原作はコミックで作者は益田ミリさん。 目立たない裏通りにあるうえお酒を出さないスナックで、いつもお客さんは一…

あっぱれ河童の女優さん

『ノースライト』の西島秀俊さんと宮沢りえさんの夫婦役がまた見られる、しかも今度は仲良し夫婦らしいと楽しみにしていたのだけれど、企画・原案に不安な名前が・・・。その不安は的中し、残念ながら初回も途中で離脱し録画を消去した。どうもこのA氏の仕事は…

火を見たかったと言う少年の心

先週あたりまで、家の周辺をカンカンという注意喚起の鐘の音をさせて、消防車が頻繁に回っていた。役目の性質上なのだろうが、不安をかきたてる耳障りな音で、少々神経に触っていた。火事のシーズンでもないのにと不思議に思っていたら、この地域で不審火に…

ちょっと憂鬱な現実を逃れて『恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~』

秋ドラマの本格的なスタートはまだまだこれからだろうけれど、早々と始まったものもいくつか・・・。 そんな作品の中から、『恋です!~ヤンキー君と白杖ガール』の第一回を見て、これは結構期待が持てそうという気分になった。これもまたコミック原作のようだ…

パリジェンヌの田舎暮らし

とっても素敵な番組を見つけたのだけれど、もう放送は終了してしまったのだろうか。来週のテレビ番組表を探しても見つからない。 その番組は『パリジェンヌの田舎暮らし』。もともとはNHKBSの番組だったようだけれど、私は9月の中頃にEテレの番組として見つ…

砂鉄さんの鋭い言語感覚

Eテレの「100分de名著」、ル・ボンによる『群衆心理』の第4回「群衆心理の暴走は止められるか」を見た。 1848年のフランス2月革命で群衆が宮殿になだれ込んだが、その際に宝石や宝飾品が盗まれることがなかったのだそうだ。このように、時として群衆は思い…

何百年たっても怖ろしいほど符合する『群衆心理』100分de名著

今月の「100分de名著」はフランスの学者ル・ボン著の『群衆心理』。 ***** 18世紀後半から19世紀、圧倒的な多数を占め始めた群衆が社会の中心へと躍り出て支配権をふるうようになったとル・ボンは分析し、彼らを動かす「群衆心理」が猛威を振るい続けれ…

片桐はいりさん連ドラ初主演『東京放置食堂』ほか。

またしてもテレ東が面白そうなドラマを始めた。先週までの『八月は夜のバッティングセンターで』も渋かったが、今度は舞台が都心からジェット船で1時間45分の大島、主演が片桐はいりさんという異色さだ。 そして番組プロデューサーによれば、今回は「飯テロ…

控訴はしない

東京地裁で禁錮5年の実刑判決を受けた池袋暴走事故の被告が、明日の控訴期限を前に、控訴しない意向を固めたとのニュース。遺族の方の意向に沿う形になってほっとした。けれども、現在90歳という高齢で、自力での歩行も困難だという被告の収監は、どんな形…

しつこく・・・

今日もスタンディングのLINEは大賑わい。朝からメッセージ数は軽く100を超えている(登録しているメンバーは12人)。 昨日はテレビ局や番組に抗議しようということだったが、スポンサーへの働きかけの方が効果があるらしいという情報があり、今日はもっぱら…

TBSのアレとコレ

今日はTBSテレビの『ひるおび』で、八代弁護士の謝罪を見ようと思った結果、延々と自民党総裁候補の河野氏の話を聞かされる羽目になった人がたくさんいることだろう。これはもう先週からの周到な炎上商法かとさえ思ってしまう。 私はこんな展開になる可能性…

脅威を感じている証拠?

10日放送のTBSの昼のトーク番組『ひるおび』で、コメンテーターの八代弁護士が「共産党はいまだに党の要綱(綱領の間違いか)から暴力による革命という言葉を除いていない」と発言したそうで、大きな話題になっている。 テレビ局には共産党からの抗議はもち…

愛する『コンビニ人間』の名誉のために、ちょっと反論

今朝の毎日新聞に、村田沙耶香さんの芥川賞受賞作『コンビニ人間』をひいて、現在の自民党のごたごたを論じた記事が掲載されたようだ。 サイトは有料記事で途中までしか読めないし、いずれ一定期間が過ぎれば削除もされてしまうだろうから、スタンディングの…

ひたすら可愛い郷敦(壱成)くん、投票日までに誕生日が来るなら選挙行こうね!

早いもので、あさってからはもう9月で、夏ドラマもみな終盤だ。終わると寂しいなと思うのは、鈴木亮平さんの『TOKYO MER』あたりか。天海祐希さんの『緊急取調室』もシーズンが進んでも質が落ちず、相変わらずの引き締まった面白さ。もうすぐ緊取り班解散と…

深夜にまた掘り出し物ドラマ『家、ついて行ってイイですか?』

テレビ東京の深夜ドラマ枠、すごい。『孤独のグルメ』といい、『バイプレーヤーズ』といい、それまでになかった画期的な作品を生み出す。今回は自局の人気バラエティ番組で扱った話を、なんとドラマにしてしまった。 元の番組は見たことがないけれど、気にな…

大人の戦隊ヒーロー物『TOKYO MER』

7月4日にスタートした『TOKYO MER~走る緊急救命室~』は、最新の医療機器とオペ室を搭載した大型車両で、危険な重大事故や災害・事件現場などに駆け付け、負傷者にいち早く救命処置を施す救命救急のプロフェッショナルチームの活躍を描くドラマだ。 赤塚…

さすが理系の西島さん

相変わらず朝はテレビをつけない暮らし(と言うか、朝以外でもドラマの録画を見る以外はつけていない)。でも、月曜日の夜は『シェフは名探偵』があったので、スイッチを入れると同時にオリンピックが映ってしまう可能性の低い時間になるのを待って、いそい…

銀座じゃん!にびっくり

『ブラタモリ』が始まったころ、タモリさんは東京を離れることができず、いつも東京近辺をブラブラしていた。そして人気や評判を集めているスポットなどまるで訪れることなく、毎回楽しい番組にしていて、タモリさんの知識や喋りの手腕に驚かされた。 それが…

立花隆さんとシベリア抑留

放送されてから1週間ほど、録画を見てからも何日もたってしまった。こういう重たいテーマを取り上げようと思うと、気力体力が充実している必要がある。まだまだ少々気持ちは渋っているのだけれど、いいかげんまとめておかねばと思う。 番組は1995年に放送さ…