あとは野となれ山となれ

こどもや動物、みんなが安心して暮らせる世界でありますように・・・

花も団子も・・・。

こんな時にのんきなタイトルで気が引けますが・・・。

 

でも、やっと咲きました。今年はうんと早いんじゃないかと思っていたので、やっと、という気分です。

f:id:yonnbaba:20200404144337j:plain

 

f:id:yonnbaba:20200404144548j:plain

にぎやか、まではいかないけれど、三々五々、花を楽しむ人たちがいました。

 

f:id:yonnbaba:20200404144728j:plain

桜の時期にここに来ると、どうしても思い出してしまいます。当時勤めていた会社で、東日本大震災の一か月後に、私が担当していた会社のサイト内のブログに書いたことを。

 

2011.4.11

辛い思い悲しい思いをしている方々のために、
せめて一日も早く暖かい春が来てくれたらと思うのに、
今年は春が来ないのだろうかと思えるほど、
いつまでも寒い日が戻ってきていました。

でもいつの間にか、ちょっと前まで固い蕾ばかりだった桜もちゃんと満開を迎えました。


昨日の日曜日、家族と高師緑地公園に散歩に出掛けました。
公園の中にある池にかかる橋の上に立って目を上げると、
青い空を背景に満開の桜並木。
その手前の緑の草に覆われた土手には犬を遊ばせる人がいて、
そのそばで小さな女の子がシャボン玉を飛ばしています。
白い猫を抱いてそぞろ歩いているおばさんがいます。
私が立っている橋の上では小さな男の子たちがザリガニ釣りに興じています。
土手の女の子が飛ばしたシャボン玉が、フワフワと池の上をただよっていきます。

のどかなのどかな日曜日。
なんて幸せな光景だろうと、ふと涙がこぼれそうになりました。
被災された方々にもこんなのどかな休日を楽しめる日が早く戻りますように。


あはれ花びら流れ
をみなごに花びら流れ・・・

 

 3番目の写真の右手に写っている土手が、このブログに綴ったシャボン玉などの情景が繰り広げられていた場所です。この日ののどかな光景と、平和な我が家族の幸福、それとあのテレビ画面で見た地獄のような津波の光景が、たった一か月の時を経ただけのものだということが、まるで信じがたい強烈さで、私の脳裏に刻み付けられてしまいました。これからもずっと、この場所で満開の桜を見るたびに思い出すことでしょう。

 

 

f:id:yonnbaba:20200404140751j:plain

おやつに桜餅を買って帰りました。

 

 

おまけ

f:id:yonnbaba:20200304185832j:plain

豊橋名産ヤマサのちくわ」のヤマサさんの春限定商品の桜豆ちくわ。ご近所さんにいただいたものです(私はちくわやさんの回し者ではありません)。

 

おまけのおまけ。

4月2日に、とうとう我が豊橋市でも、新型コロナウイルスの感染者が1名報告されました。