あとは野となれ山となれ

こどもや動物、みんなが安心して暮らせる世界でありますように・・・

まだまだ続く歯科治療

2月の定期検診後に始まった左下一番奥の歯の治療も、本日5回目。前回作った土台を、今日はセラミックのかぶせ物に合わせて削る工程だった。

 

予約の時点で「次回は少し時間がかかります」と言われてはいたが、確かに、診察室滞在時間50分ほど、途中一度椅子を起こして口を漱いだが、口を開けていた時間も合計で40分ほどになろうか。なかなかにつらいものだった。

 

やはりこれを高齢になってから(今だって高齢者だが)何度も経験するのは避けたいので、税込みで15万円くらいの一番高いセラミックのかぶせ物にすることにした。今までだってセラミックだったのに根元が虫歯になったのだから、必ずしもこれで絶対大丈夫とはならないのだろうが、この前も書いた通り、前回が17年もったので、まあ、この歯についてはこれで死ぬまで治療ということにはならないだろう。

 

ということで、つらい治療よく頑張ったねと、帰りに隣接するスーパーに寄りケーキを買う。「一月は正月で・・・」という酒飲みの歌と一緒で、なんだかんだと理由をつけて甘いものを食べてしまう。鏡を見て、今朝もまた顔がスッキリしない、体重増えてるな・・・などと言いつつこれなのだから、まったく困ったものだ。

 

 

こんなにならないようにしなければ・・・。これは体重18キロというアメリカの猫ちゃん。人間の体重に換算すると、270キロ余とか。小錦級だ!