あとは野となれ山となれ

こどもや動物、みんなが安心して暮らせる世界でありますように・・・

テレビの音と今日のスタンディング告知

先日の赤ちゃん訪問の折り、訪ねた家で3度ほどノックをしたが応答がなく、主任児童委員さんと再度訪問かしらねと言い合ったのだが、彼女が「でもこの音、掃除機の音じゃないかしら、ほら、聞こえるでしょ」と言う。しかし私が耳を澄ましてもその音は分からない。

 

そのうち彼女が「あっ、止まった。もう一度呼んでみよう」とノックすると、期待にたがわず玄関のドアが開き、赤ちゃんを抱いたママが顔を出し、めでたく初回で面談することができたのだけれど、自分の聴力不足を再認識させられた。

 

去年の夏の突然の難聴(急性感音難聴orメニエール)は治ったとはいうものの、やはり左はもともとかなり聞こえないし、おそらく右も完全に元通りではないのだろう。普段の生活では、昨年の夏以来、テレビはほとんど「字幕あり」にして見ている。いま『S.W.A.T.』のシーズン3をやっているのだけれど、この番組は字幕のサービスがないので、かなりボリュームを上げてもセリフの細部が聞き取れず、残念に思っている。

 

hikikomoriobaba.hatenadiary.com

 

パソコンのモニター画面に「テレビの音がはっきり聞こえる」と謳うスピーカーの広告がよく表示されるが、あいにくこの製品の色もデザインも私の好みではない。これが我が家のリビングに入って来ることには少々抵抗があって、まだ購入を躊躇している。

 

歩道を歩いている時に、後ろから来た自転車が突然私の脇をすり抜けていってドキッとすることがある。近づいてくる音も気配も分からないし、時にはベルに気付かずにいることもあるらしい。昨日のヘルプマークではないけれど、聴力障碍を表す「耳マーク」を付けた方がいいのだろうかと考えたこともあったが、どうも自分の程度ではそれも大げさな気がして踏み出せずにいる。

 

 

あのね、あのね・・・。    ピンタレストさんのサイトより)

 

あと、本日のスタンディングです。