あとは野となれ山となれ

こどもや動物、みんなが安心して暮らせる世界でありますように・・・

素敵すぎる『監察医朝顔』の桑原くんパパ

2シーズン(2020年からのシーズン2は2クール続いた)の連ドラ時代からずっと思っていたが、ドラマ『監察医朝顔』での、主人公朝顔上野樹里)の夫桑原くん(風間俊介)の夫ぶりパパぶりが、あまりに自然で素敵で心をつかまれる。このたび放送されたスペシャル版では2児のパパとなって、さらに素敵さに磨きがかかっていた。

 

主人公の朝顔は、母と一緒に祖父を訪ねて行った仙ノ浦(陸前高田市の設定)で東日本大震災に遭遇し、知人を心配して見に行った母の里子(石田ひかり)は津波に呑まれ行方不明になってしまう。

 

震災後何年たっても、朝顔の父万木平(まきたいら・時任三郎)は警察の仕事の休みごとに、車に道具一式を積んで妻のふるさとへ妻につながるものを探しに出かけることをやめられないし、朝顔も震災時、母を探して各避難所や遺体安置所をまわった経験から監察医になるのだが、心には大きな傷を抱えている。

 

桑原とは監察医と刑事という仕事のつながりで出会い、父親である平は桑原の上司であり、いささか厳しくも当たられるが、やがて二人は結婚する。結婚しても朝顔が「桑原くん」と呼び続けるのも、なんだか今どきの夫婦という感じで微笑ましい。

 

結婚後も監察医の仕事を続ける朝顔を、ごく自然体で家事を分担して支える桑原くんは、娘つぐみが生まれると、ますます素晴らしき夫ぶりパパぶりを発揮する。食事シーンやお風呂上りにバスタオルで髪を拭こうとすると逃げるつぐみちゃんを追いかけるシーンなど、あまりにも自然で、実際の桑原家の茶の間を覗いているような気分になる。

 

脚本が良いのか演出が巧みなのか、はたまた演技が素晴らしいのか。いやそれらすべてが相乗効果を上げているのだろう。おそらく撮影現場は、スタッフもキャストも、子役さんたちとも本当に仲良く、和気あいあいとしているのではないかと想像される。

 

桑原くんの、子供を抱っこして画面に収まっている姿は本当に自然だし、育児します!家事手伝います!という感が全然なくて、必要に応じて、ごく当たり前に体が反応しているように見みえる。

 

また、そうした物理的な協力だけでなく、公私ともにさまざまな悩みに襲われる朝顔に寄り添い、徹底的に支える。かなりの自己犠牲と思われる時もあるのだけれど、それをまるで悲壮感なくさらりとやってのけ、自分も幸せそうにしているのだ。そんなところから、「どう徳を積んだら”桑原くん”と結婚できるの?」という女性たちの声が出てくるのだろう。

news.mynavi.jp

 

原作は漫画のようだが、設定がかなり変更もされているようで、もともとの桑原くんの夫ぶりやパパぶりがどう描かれているのかは分からない。2011年の『それでも生きてゆく』では、友人の妹を殺害してしまう少年という難しい役どころを、当時ジャニーズjr.だった風間くんは見事なまでに演じて見せ、強く印象に残った。それとは全く対照的なこの『監察医・・・』の素敵なパパも、非常に魅力的である。