あとは野となれ山となれ

こどもや動物、みんなが安心して暮らせる世界でありますように・・・

雪やコンコン

ぼたん雪が降っている。これで、外のベゴニアは完膚なきまでに弱ってしまうことだろう。何年か前に、友人が遊びに来るときに手土産として持って来てくれた、彼女の庭のベゴニアの子孫だ。今までにもちょっとした雪にあったり、凍ったりしたことがあったが、なんとか内側の方が耐えてくれて、何度も復活してくれたもの。さて、今回はどうだろう。

 

冬の太平洋側は、晴れて乾燥・・・というのが定説だったけれど、今年の冬はどんよりした日が多いような気がする。3つの良いこと(できたこと・楽しかったこと・感謝すること)を記録しているノートを見てみても、「どんより」という言葉がたびたび出てくる(別に天気は記録していないのだが、私はお天気に気分を左右されやすいため、無意識のうちに言及している)。

 

郵便物を取りに出たときには、ぼたん雪が激しく降っていたが、2時になろうとする今はみぞれ、と言うより、もうほとんど雨のようになっている。小学校の子供たちは、教室の窓の外をうらめしく見ているかもしれない。

 

子供の頃、文章を読むのも書くのも好きだったらしく、小学校入学前から絵日記帳を与えられよく日記を書いていた。入学後は夏休みや冬休みしか書かなくなってしまったように思うが、そんな中に、珍しく雪の積もった日の喜びを綴った一日があって、ぼたん雪が降りしきる画面の中央に、手袋をした両手を広げて嬉しそうにしている自分を描いた絵を、今も鮮明に覚えている。

 

子供の頃は、雪が降るのは当地では珍しいので大喜びだったし、氷が張る寒い朝も雨の日も、あまり気にならなかったようだ。大人になってからは、そんな日は出来るだけ出かけたくないと思ってしまうけれど。

 

好奇心を失わないのが脳の若さを保つ大切な要素らしいのだが、近頃自分の興味の幅が狭まってきたのをたびたび実感する。子供の頃のあのみずみずしい好奇心や、ささいなことを面白がったり喜んだりする気持ちを取り戻したいものだと思う。

 

 

この子も若いんだろうな。 (ねこちゃんホンポさんのサイトより)

花も凍傷になる冷え込み

今朝ストーブをつけると、現在の気温が7度と表示された。おっ、最低気温更新だ!と思ったのだけれど、調べてみたら違った。5年前に6度を記録していた。

 

yonnbaba.hatenablog.com

 

朝の仕事が一段落してから外に出てみると、玄関わきの植え込みで、ビオラがぐったりしている。でも水が切れたというわけではなさそうだ。地植えのアマリリスの葉も、バラやゼラニウムの葉もしんなりしている。

 

今朝の豊橋の最低気温はマイナス3度だそうだ。データを見ると今月3回ほど氷点下になっているが、やはり今日の気温が一番低い。私が気付かなかっただけかもしれないが、今日のように庭木の葉がぐったりしているのは見ていない。今朝の冷え込みは植物たちにもこたえたのだろう。回復してくれるといいが、ベゴニアはだめかも知れない。

 

昨日髪をカットしてもらいに行った。ハサミを使っている美容師さんの手が、時々私の首筋に触れる。その手がとても温かい。私がもしも美容師だったら、こんな時、お客さんをヒヤッとさせてしまうのだろうなと思う。マッサージをするような仕事も向かないなと思う。私の手はいつも非常に冷たく、着替えの時など、自分の体に触れてもヒャッ!と思ってしまうくらいだ。お客様に触れる仕事だったら、さぞ迷惑なことだろう。

 

だるころさん(id:darucoro9216kun)に教えていただいた足ツボ押しの効果か、このごろ基礎体温は35度台の前半ということはほとんどなくなって来たが、手足の冷たさは相変わらずだ。いつだったか民生の仕事で講演会に行ったとき、会場入り口の検温の機械が手首で測るものだったのだが、私の体温は24.4度と表示されてしまった。何度やり直しても同じで、そのまま消毒して入場した。低いのだから問題あるまい。

 

何かで手が触れた時や握手した時などに、「わぁあったかい・・・」と言われる手になりたいと、秘かに憧れている。

 

 

ねこだんご。 (里親募集の待ち猫家「猫段心」さんのサイトより)

 

 

これは言いがかり?

先日も触れた「新アリーナ建設に関する住民投票」の活動の中で、やはり記録しておきたいと思うことを記す。

 

必要な数の署名が集まって、住民投票制定の議案が議会に提出されたあとのことも考え、今回中心となって活動したメンバーの方が、現在の市会議員全員に公開アンケートを行った。先日の集会ではその結果が一覧になったものが配布されたのだけれど、その中に気になる文言があった。

 

その質問状を作成した人たちは、事務局の担当者が「議会事務局の所定の棚に投函すれば一人ひとりに届きます」と言うのに対し、あえて議員に直接手渡しすることにこだわった。その裏には、党派以前にその議員個人の考えをきちんと表明してほしいという思いがあったことだろう。

 

ところが、何年か前にスタンディンググループで行った原発アンケートでもそうだったが、自民党市議団と公明党は、またしても全員まとめての回答を出してきた。

 

そのうえ、公明党の回答の中に、「今回のアンケートの各議員への直接手渡しという方法については、現在のコロナの状況を鑑み、憤った議員もいたと側聞しております。議会事務局としっかり打ち合わせをお願いいたしたく、最後に申し述べさせていただきました」とあったのだ。

 

アンケートを持参した人たちは、市庁舎に入るにあたって当然検温もし手指消毒もしたはずだ。公明党の議員さんたちは、街中で店員さんの供する飲み物や食べ物を受け取ることはしないのだろうか。お店で買い物をして、店員さんから品物を受け取るということもしないのだろうか。

 

この政治離れが深刻な時世に、子育て世代という社会の中堅を担う人たちが、市政に関心を持ってこうした活動をすることを、頼もしい喜ばしいとは思わないのだろうか。もしかして、「チッ、しろうとが市政に口出ししてきて・・・」と煩わしいと感じていらっしゃるのだろうか。

 

豊橋市が防災活動の拠点としての活用を想定している新アリーナ建設予定地の一部が、家屋倒壊等氾濫想定区域に含まれることが明らかになりました。この事実を認識したうえで、豊橋公園内に新アリーナを整備する予定でいることについて、どうお考えですか」という質問に、いかにも議員らしい硬い文章が並ぶ中に、ただ一人「私は静かな豊橋公園がいいです」と書いている議員がいて、思わず頬がゆるんでしまった。

 

 

 

 

ほのぼの生活が続くといいね『今夜すきやきだよ』

キャストは豪華なのに肩すかし・・・といった感の作品が多い(私が脱落したあと良くなっているかも知れないが)今期のドラマだけれど、またしてもテレ東の深夜枠に、私好みの作品を見つけて楽しんでいる。蓮佛美沙子さんのあいこと、トリンドル玲奈さんのともこの二人が共同生活をする『今夜すきやきだよ』というドラマだ。

 

私のイメージでは、クールな感じの蓮佛さんが恋愛体質女性あいこを演じ、いかにもロマンチックな雰囲気のトリンドルさんがアロマンティックのともこ役。反対の方が良かったのでは?と思ったが、意外に二人ともピッタリはまっている。

 

あいこは内装デザイナーの仕事も順調だが、家事全般は苦手で婚約中の相手ともなんとなくズレを感じたりしている。絵本作家のともこは現在仕事がスランプで悩んでいたところ、偶然高校の同級生であるあいこと出会い、共同生活をすることになる。

 

家で仕事をするともこは家事全般が得意で、とりわけ料理が好きだ。あいこは仕事でクタクタになって帰っても、部屋はきれいに片付きお風呂は沸いていて、美味しいご飯も待っているともことの生活に大満足だ。

 

いくら仕事で有能でも、女性というだけで家事の能力まで求められることに抵抗を感じるあいこと、学生時代から同性にも異性にも恋愛感情がわかないことで、自分の居場所が見つけられずに来たともこ。ふたりとも、今の共同生活は無理をしない自分でいられて心地よい。

 

トリンドルさんはお人形のように可愛いけれど、なんとなく頼りないなという印象を持っていたが、いつの間にかしっとりした女優さんになっていた。

 

そして、もちろん、おいしいものを、大切な人と食べるっていうのは幸せなことだなあと、毎回しみじみ思わせてくれるドラマだ。

 

 

 

スタジアム・アリーナ改革だそうだ

昨日取り上げた豊橋の新アリーナ問題だけれど、いただいたコメントへの返事で触れた「そもそも発端は安倍元首相」ということについて補足する。

 

2020年のオリンピックの東京開催が決まった後、スポーツ産業を我が国の基幹産業に・・・という「スタジアム・アリーナ改革」という政策が生まれ、そのために街の中心部にある公園などに多機能スタジアム・アリーナの建設を推進する方針が決まったのだそうだ。豊橋はこれにあてはまる市街地域の公園があることから、前市長に声がかかったらしい(前市長は国土交通省出身)。

 

スタジアム・アリーナ改革:スポーツ庁

 

豊橋だけでなく、今各地でこの一環であるプロジェクトが進んでいるようだが、そのうちのどれだけの施設がきちんと赤字を出さずに運営していけるだろうか。かつてのハコモノ行政の繰り返しで、関係各方面が一時的に潤うだけで、あとには負の遺産・・・ということにならないだろうか。

 

forbesjapan.com

 

 

え~、そんなもの遺されてもねぇ・・・。 (ねこのきもちさんのサイトより)

テュリャテュリャ・・・私の一週間

月曜日は市場・・・じゃなく、見守り会議で小学校へ出かけ、火曜日はお庭の手入れ。水曜日は民生委員の仕事で再び小学校、木曜日は日本語教室。そして昨日、金曜日の夜はNPO法人MixUpの理事会で喫茶店に出かけ、土曜日の今日はアリーナ問題の住民投票を求める市民の会の集まりに出かけた。

 

この3年、コロナ禍でたくさんの行事が中止になるようになったので、これだけ一週間の間に出かける用事が入ったのは久々だ。芽を出した水仙のためにランタナを刈り込んだ火曜日以外、すべてなんらかの用事で出かけたこの一週間だった。

 

昨夜のNPOの理事会では、カフェインレスの暖かい飲み物はホットミルクとゆずティーの2種類で、「ゆずジャムをお湯でのばしたものです」というゆずティーを選択。美味しかった。

 

こんなお店で、

 

ゆずティー

 

お店全景。   (すべて画像はネットのグルメサイトから)

 

令和5年度は、ぜひ放課後デイサービス開設に持ち込みたいと代表の熱い思い。今のところ、なかなか思うような物件が見つからない。話している途中から、外の風の唸り声がすごくなり、座が少々ざわついたほど。20数年前だろうか、竜巻でひどい被害を出したほど、豊橋は風の強い土地だ。

 

 

今日の「アリーナ問題で住民投票の実現をめざす市民集会」は、通常定員160名の会場に、80名を超える人が集まった。けれども、また例によって参加者の大半は高齢者。おそらく平均年齢でも70歳を超えたことだろう。

 

署名を集める活動を中心的に担った方何人かが発表したが、その中に、アリーナ建設予定の豊橋公園の地元の子育て世代のお母さんがいた。今日の参加者のなかでは貴重な若手だ。この活動のなかで多くの人とつながることができた事を大切にしたいとのことで、こうして次世代の人にタスキをつないでいけることをとても嬉しく感じた。

 

そのお母さんの話の中で、子供たちの「大人の遊ぶ場所はいっぱいあるのに、どうして公園にまたそんなものを作るの?」という声が紹介された。子供たちには選挙権がないのだから、大人はこうした子供の思いも大切にくみ取って行かないといけない。

 

思った以上に署名がたくさん集まったため、選管も署名簿の審査に非常に手間取っているらしい。当初から代筆不可とは言っていたのだけれど、それでも受任者がどんどん増える中で徹底できないケースも発生し、筆跡が同じなど不審がある場合、郵便で問い合わせたりもするそうで、署名データ全てのコンピュータ入力等、手間ひまも経費もかかることを知る。やはり望ましいのは、そもそも住民投票など求めずに済む、民意をくむ行政だとあらためて思う。

 

現在の市会議員対象に行ったアンケート調査では、新アリーナ建設予定地が豊川の氾濫想定区域にあることについて、「護岸工事をすれば問題ない」と答えた市議も何人かいて、この国の議会や行政は、「何かを作る」ことには実に「前のめり」であることを痛感する。

 

税金で雇っている人たちに、公共の財産を食い尽くされてしまいそうな気がして怖ろしい。どうして、いつの間に、こんなに刹那的な政治になってしまったのだろう。

屋形「朔」の一員になりたい『舞妓さんちのまかないさん』

今楽しみに見ているドラマは『舞妓さんちのまかないさん』だ。漫画が原作でアニメ版もあるらしい。実写ドラマはネットフリックスの制作で、監督が是枝裕和さん、フードコーディネーターは飯島奈美さんとくれば、視聴意欲はいやが上にもあがる。

 

舞妓になるのを夢見て青森から上京する仲良しの少女、野月キヨ(森七菜)と戸来すみれ(出口夏希)の物語。舞の才能を「100年に一人の逸材」と師匠(戸田恵子)に評価されるすみれと、対照的に、いくら叱られても、あまりにも人が良く競争心もないため「舞妓ちゃんには向かへんのでは?」と言われてしまうキヨ。

 

故郷に帰るよう屋形「朔」の女将梓(常盤貴子)に言われてしまうが、キヨはちょうど体を悪くしたまかないさんに代わって、台所を預かることで屋形に残る決心をする。

 

これに先代の女将千代(松坂慶子)、梓の娘涼子(蒔田彩珠)、出戻り芸妓吉乃(松岡茉優)と3人の舞妓たちが朔で寝起きを共にする。売れっ子芸妓の百子(橋本愛)は自分の住まいがあるようだ。

 

まず第一に主演の二人のキャスティングが素晴らしい。すみれ役の出口夏希さんの透明感あふれる清楚な美しさ。そして森七菜さんは、このキヨ役のためにいた女優さんかというくらいぴったりはまっている。野菜に話しかけながら嬉々としてまな板に向かい、挫折した自分と違いどんどん夢に近づいていく友を心から祝福し応援する。

 

女ばかりの暮らしというと、とかく嫉妬ややっかみが渦巻きそうだが、先代の千代といい梓といい、ちょっと天然ぽくてふんわりしているからか、この「朔」にはカラッと気持ちの良い風が吹き渡っている。出戻り芸妓の吉乃も、同期の百子とナンバーワンを競ったと自称しているが、明るくきっぷの良い気性で楽しませてくれる。

 

「朔」はバーも経営していて、そのバーテンダーリリー・フランキー。常連の客として呉服屋七代目の古舘(古舘寛治)・カメラマンの清野(尾美としのり)・建築家の田辺(井浦新)らがいて、昼から夜の「朔」を取り巻く日常のあれこれが描かれる。

 

こまやかな人と人とのかかわりや、背景として描かれる風情ある京の街、さりげなく登場するキヨの愛情のこもった料理。どれをとっても、ほのぼのと心を温めてくれるものばかりだ。

 

主要登場人物の中で、ただひとり陰を感じさせる涼子。彼女に明るさが見えてくることも期待したい。