あとは野となれ山となれ

こどもや動物、みんなが安心して暮らせる世界でありますように・・・

5月も半ばのどんより空模様と『十七歳の帝国』

5月も半ばを過ぎ、インテリアもすっかり夏仕様になったけれども、冷え性の私は、いまだ足首の冷えを感じないで過ごす日はいくらもない。今日もまたどんよりと雲がたちこめ、足首ばかりか膝までいくぶん冷えを覚える。

 

今年の皐月も、こんなはっきりしない天候のうちに過ぎてしまうのだろうか。世界中を覆った暗雲がなかなか晴れないように・・・。

 

 

NHKのドラマ部門がまたまた挑戦的な作品を送り出している。

 

舞台は202X年。日本は深い閉塞感に包まれ、世界からは斜陽国の烙印を押されている。出口のない状況を打破するため、総理・鷲田はあるプロジェクトを立ち上げた。「Utopi-AI」、通称UA(ウーア)構想。全国からリーダーをAIで選抜し、退廃した都市の統治を担わせる実験プロジェクトである。若者が政治を担えない理由は、「経験」の少なさだと言われてきた。AIは、一人の人間が到底「経験」し得ない、膨大な量のデータを持っている。つまり、AIによっていくらでも「経験」は補えるのだ。それを証明するかの如く、AIが首相に選んだのは、若く未熟ながらも理想の社会を求める、17才の少年・真木亜蘭(まきあらん)。他のメンバーも全員20才前後の若者だった。真木は、仲間とともにAIを駆使し改革を進め、衰退しかけていた地方都市を、実験都市ウーアとして生まれ変わらせていく―。

(公式サイトの番組紹介文)

 

前市長(田中泯や市会議員(岩松了)が現在のこの国の政治を象徴する存在として描かれ、鋭い告発になっている。第1話では若い総理をいくぶん冷ややかに眺めていた、アドバイザー役の副総理(星野源)が、2話では時折り優しい目をしていた。

 

まだ2回まで進んだところなので、今後もこの17歳の総理が、当初の理想通りの政治を貫いて行けるのか、期待を持って見守りたいと思うが、全5回なので、しっかり見ていないとあっという間に終わってしまいそうだ。

 

これだけ人工知能やインターネットが発達したのだから、現実世界もそろそろこうした方向を踏まえて、政治の在り方を考え直してもいいように思う。ネット投票はもう随分前から希望する声が上がっているし、導入すれば革命的に投開票の経費の節約ができることだろう。そしてそれ以上に、AIならば悪いことづくめの「戦争」などという選択肢は、決して選ばないだろうから。

 

それにしても、このドラマで主人公の17歳の総理を演じている神尾楓珠君は、私の見ているものだけでも、現在放送されている連続ドラマ3本に出演しているという売れっ子ぶりだ。『ナンバМG5』の、裕福な家庭の子ながら家族の温かさに飢えている一匹狼のヤンキー、『先生のおとりよせ』の金髪ロンゲの宅配便ドライバー、そしてこの作品の、恵まれない生い立ちゆえに弱者のための政治を目指すクールな高校生と、役柄も非常にバラエティーに富んでいて、どの役もそれぞれに魅力的だ。

 

さて、実験都市「ウーア」は、皐月の空にかかった雲を吹き払うような、誰もが幸せに暮らせる街になるだろうか。

 

 

 

 

 

結構長持ちしている青いカーネーション

 

 

 

想像を絶するものとの壮大な物語『空の中』有川浩著

久々の有川さんの作品。けれどもこれは、著者のデビュー作で電撃ゲーム小説大賞を受賞した『塩の街』の次の作品で初期のものだ。よって、著者名は有川浩(現在は有川ひろ)。

 

近未来が舞台で、年号は200X年と記されている。今となっては過去の年号になってしまうが。その200X年1月7日、国産の超音速ビジネスジェット「スワローテイル」は、国家規模のプロジェクトであり、関係者一同の期待をのせて試験飛行に飛び立った。

 

順調に航行していたが、かつてない目標高度2万メートルに到達したと同時に、スワローテイルの機体は突然爆発炎上した。

 

そしてわずか1か月後の2月12日、今度は航空自衛隊の飛行実験で、高度2万メートルに達したイーグルF15Jが爆発した。同じ高知上空の空域だった。どちらの事故も、天候・機体に問題はなく原因は不明。

 

墜落した自衛隊機のパイロットには高校生の一人息子瞬がいて、父親は転勤が多いうえに母親も早くに亡くしていたため、高知で祖父とともに暮らしていた。その祖父も昨年亡くしたった一人で暮らす瞬だが、祖父と懇意だった「宮じい」や、隣の一家が温かく手を差し伸べている。

 

その隣家には、幼馴染で同級生の佳江がいる。しっかり者で気の強い佳江は、優等生だが慎重で内向的な瞬の姉のような存在だ。

 

ある日、瞬は浜辺で巨大なクラゲのような不思議な物体を見つける。しかもどうやらそれは生きもの、であるらしい。

 

こうして始まるこの物語は、SFであり、未確認生物ものであり、青春ものであり・・・さまざまな要素を含んだ壮大な物語だ。読み進むにつれてアッと驚く展開があるため、あまり内容を紹介することができないのがもどかしく残念だ。

 

主人公の瞬を始め、登場人物も、不思議な生きものまで含めてみな非常に魅力的で、500ページ近くある分厚い本だけれど、全く長さを感じることなく夢中で読み進んでしまった。

 

現在の世界が置かれている状況に照らして考えることもできる内容で、いろいろと考えさせられる。「怪獣物と青春物足しっぱなして空自で和えてる」とはあとがきにある著者自身の言葉なのだが、言い得て妙だ。この面白さは、ぜひ読んで味わっていただきたい。

 

 

このところブログで紹介したいと思う本になかなか出合えないでいたが、今月は非常に充実した読書ができている。

13日の金曜日で思い出す

今日は5月13日金曜日。でもホラーの話ではない。そもそも、怪我や痛みの話に弱い私は、ホラーが苦手だ。

 

13日の金曜日は別に珍しくもなく、計算上では1年に1.7回ほどになり、年に1、2回で何年かに1度は3回という年もあるそうだ。ちなみに今年はこの5月13日だけとか。

 

それで、13日の金曜日で私が思い出したのは、青森市にあった「だびよん劇場」というライブハウスで、伊奈かっぺいさんが行っていた「13日の金曜日」というタイトルのライブだ。(注:「だびよん」というのは「~だろう」という意味の津軽弁。フランス語の響きに似ていることもあって、オーナーがシャレで命名したとか)

 

調べて見たら、なんと今年、本日も行うという情報があった。

www.gettiis.jp

 

”まだ生きてます”というコピーもかっぺいさんらしい。ライブハウス「だびよん劇場」は閉鎖されてしまったので、さすがに会場は別な場所になっている。

 

伊奈かっぺいさんと言っても、ご存じない方も多いかもしれない。弘前市出身で、地元の放送局のサラリーマンをしながら、詩人・イラストレーター・シンガーソングライターなどとしても活躍する、青森では超の付く有名人。一時期は和田アキ子さんと全国ネットの冠番組(かっぺい&アッコのおかしな二人)を持ったこともあった。

 

青森と言えば、本州の北の果て、雪に閉ざされる長い冬という暗いイメージを持っていた私は、このかっぺいさんのユーモアあふれる独特の津軽弁の詩にびっくりしたが、そこに暮らし、地元の人々と親しくなるほどに、かっぺいさんが特別なのではなく、津軽の人たちが総じてユーモアのセンスがあることを知った。

 

また津軽弁というものが独特で、言葉遊びに適していることも大きいかもしれない。かっぺいさんの面白さも、全国の人に津軽弁をマスターしてもらわないと十分わかってもらえないだろうから、それがとても残念だ。

 

独特な津軽弁の面白さのご紹介のため、かっぺいさんの戯曲『無口な二人』を掲載させてもらうことにする。左端の女とか男は登場人物、真ん中のひらがな一文字はセリフ、カッコ内は状況の説明だ。

 

 女  の (呼びかけ)

 男  … (気付かない)

 女  の (もう一度)

 男  ん (呼ばれた気)

 女  の (繰り返し)

 男  わ (私の事か?)

 女  な (汝の事よ)

 男  あ (なんだい?)

 女  さ (恥ずかしそ)

 男  ん (なんだよ)

 女  い (恥ずかし…)

 男  ん (なんなんだ)

 女  い (別に…)

 男  ふ (わからんな)

 女  の (再び呼ぶ)

 男  あ (なんだよ)

 女  く (食べる?)

  何やら食べ物らしき物を差し出す。

 女  く (再び問う)

 男  ん (気の無い…)

 女  の (どっちなの)

 男  く (食べるよ)

 女  て (手を出して)

 男  て (オーム返し)

 女  て (そうです手)

 男  ん (手を出す)

 女  か (ハイどうぞ)

 男  ん (受け取る)

 女  け (食べなさい)

 男  く (食べますよ)

 女  め (美味しいか)

 男  め (美味しいよ)

 女  ん (良かった)

   男と女ほほえましく寄り添う。静かに幕。

 

 

販売している日本コロンビアのサイトから

雨のお出かけ

このところ結構雨が多いように思うが、やはりのんきな365連休暮らしのお陰か、傘をさして出かける日はなかったようだ。

 

今日は木曜日で、日本語教室の日。支度をし、雨も降りそうだからと折り畳みの傘をバッグに入れて外に出ると、すでに霧のような細かな雨が降り始めていた。ならば折り畳みはやめて長傘にしようとまた鍵を開けて家に入る。

 

いよいよステンドグラスの傘の出番だ!4月の終わりころに届いて、約半月がたってデビューの日を迎えた。

 

私がさしているところを私が撮影するわけにいかないので、サイトの写真を・・・。

 

 

おかげで足取りも軽く会場に向かいました。

『ねこ物件』解約

初回を見たとき妙に期待してしまったが、2回目、3回目と見るにつれ肩透かしをくらうようで、ついに離脱することにした。

 

自分には合わないというだけで、楽しめる方もいるのだから、ドラマにしろ本にしろ、マイナスの評価はなるべくしないようにしているけれど、初回を見たあと、癒されそうだとここで紹介したので、弁解をさせていただく。ここはもうまさに、「させていただく」。平にご容赦。

 

せっかくあれだけタレント猫さんたちにご協力願っているのだから、癒されないまでも、せめて世の人々の猫族への理解を深めるものであってほしいと思うが、誤解を招きこそすれ、とても理解を深めるものにはなっていない。

 

そうしてさらに残念なことに、人間たちの物語にもあまり魅力を感じない(あくまでも私は)。猫さんたちにハラハラドキドキするうちに30分過ぎてしまうという繰り返しで、心臓によくない(まあ、そんなにやわな心臓でもないのだけれど)ので、離脱することに決めた次第。

 

 

まっ、毎度おなじみだけど、アタシのヘアボール乗せの技でも見て、楽しんでおきニャさい!  byドリーム 天国より

まだまだ続く歯科治療

2月の定期検診後に始まった左下一番奥の歯の治療も、本日5回目。前回作った土台を、今日はセラミックのかぶせ物に合わせて削る工程だった。

 

予約の時点で「次回は少し時間がかかります」と言われてはいたが、確かに、診察室滞在時間50分ほど、途中一度椅子を起こして口を漱いだが、口を開けていた時間も合計で40分ほどになろうか。なかなかにつらいものだった。

 

やはりこれを高齢になってから(今だって高齢者だが)何度も経験するのは避けたいので、税込みで15万円くらいの一番高いセラミックのかぶせ物にすることにした。今までだってセラミックだったのに根元が虫歯になったのだから、必ずしもこれで絶対大丈夫とはならないのだろうが、この前も書いた通り、前回が17年もったので、まあ、この歯についてはこれで死ぬまで治療ということにはならないだろう。

 

ということで、つらい治療よく頑張ったねと、帰りに隣接するスーパーに寄りケーキを買う。「一月は正月で・・・」という酒飲みの歌と一緒で、なんだかんだと理由をつけて甘いものを食べてしまう。鏡を見て、今朝もまた顔がスッキリしない、体重増えてるな・・・などと言いつつこれなのだから、まったく困ったものだ。

 

 

こんなにならないようにしなければ・・・。これは体重18キロというアメリカの猫ちゃん。人間の体重に換算すると、270キロ余とか。小錦級だ!

 

良い物語と美味しいもの、原田ひ香著『古本食堂』は最強だ

またしても素晴らしい本に出合ってしまった。これだから読書はやめられない!と感じさせてくれた。著者はこんなに印象的な名前で、2007年にすばる文学賞を受賞後すでに著作も随分出ているようなのに、全く知らなかった。本作は今年の3月に出版(初出は昨年の「ランティエ」)されたばかりの著者の最新作だ。

 

帯広で暮らす鷹島珊瑚は、介護ヘルパーをしながら、老いた両親の世話もしてきた。その両親を見送り自身のこれからを考え始めたところに、神保町で古本屋を営んでいた次兄滋郎の急死の報が入る。とりあえず一人暮らしだった滋郎の身辺整理や後片付けのため、母と暮らした帯広のマンションを引き払い神保町に移る。

 

こうして珊瑚のにわか古書店主の日々が始まる。生前の滋郎大叔父に可愛がられていた美希喜(みきき)は、神保町に近い女子大の国文科の学生で、バイトとして慣れない珊瑚を助けてくれる。両隣の店の店主や、古書店の入るビル(実は滋郎の所有だった)の2、3階を借りている辻堂出版の社長ら周囲の人物もみな温かく、陰に日向に珊瑚を助ける。

 

本好きにはたまらないであろう神保町という街を舞台に、こうした人々の温かな交流と、古書店を訪れる客との出来事が綴られる。古書店には慣れていないであろう客の、「写真のないお弁当の本」などというとんでもない注文を受けたり、時には「滋郎と事実婚状態だった自分に許可なくこの店を継いで!」と女が怒鳴り込んでくることも・・・。

 

6冊の実際の本が各話のタイトルになっていて、物語の中にもそれ以外の様々な本が登場する。それと同時に、神保町周辺の名店や美味しいものが話の魅力的なアクセントになっていて、本と美味しいものが好きな人にはたまらない。登場人物もそれぞれ魅力的で、若者も、老いの入り口に立つ人も、改めて自分の人生の愛おしさを考えさせられるだろう。

 

 

この本を片手に、神保町巡りのために上京するのもいいなあという気分になった。