あとは野となれ山となれ

たいせつなことは目には見えないんだよ・・・

半日の運動会

今日は地域の小学校の運動会。過去には結構雨で気をもむことも少なくなかったが、今日は良いお天気で良かった。コロナは第五類になったけれど、学校は大事を取って今年も来賓の招待は各団体の上部役員のみらしく、民生も一般の委員には招待がなかった。

 

内容も午前だけの簡略なプログラムで、本来のようなダンスや組み体操などの事前練習の必要な種目はほとんどないらしい。教師の負担も減るし、子供たちのためにも、ずっとこうしたプログラムでも良いのではないかと思う。

 

この間モーニングに誘われて喫茶店に行ったとき、地域の中学校は事前の練習がほとんどいらないようなゆるいプログラムなのに、小学校が依然として組み体操やらダンスやら、かなり練習に時間を費やしたろうなと思われるものが多いという話を”言い出しっぺ”にした。

 

一時期、全国で組み体操の事故が続き問題になったことだし、もう小学校もこうした種目はやめたらいいと思うのに、こういう競技で大勢がピッタリそろって演技すると、「感動する!」と喜ぶ人が結構いる。中学校ですらしなくなったのだから、小学校もゆるい内容にしたらいいと思うのだが、定年退職後も、講師として高校の教壇に立つ”言い出しっぺ”の意見に考えさせられた。

 

それは、自動的に地域の中学校に全員進学させられる小学校と違って、中学校はほぼ全員をどこかしらの高校に合格させなければならない。競技の内容云々より、正直なところ体育祭の練習に費やしている時間の余裕がないんじゃないかなというものだった。

 

なるほどと思うものだった。そういえば、もう30年以上前になるけれど、私が公文式の教室をしていた時、塾、なかでも学年より先の学習をさせる公文は、小学校の教師には「うとまれるもの」だった。それが中学校に進学した途端、「学校だけで全員が学習について行けるものではありません。足りない分は各家庭で補うように」とはっきり言われ、むしろ塾が推奨されるものに変わった。

 

私は、何かここの中学校の考えがあってこんなにゆるい体育祭の種目なのかと単純に感心していたが、案外その裏にはこうした中学校独特の事情があるのかも知れない。

 

理由が何であれ、事前に何時間も授業を割いて、一糸乱れぬ競技をすることを礼賛するような風潮は、教育現場では早くすたれてほしいものだと思う。

 

 

ここまで大規模ではないが、地域の小学校でも似たようなものがコロナ前までは行われていた。地面に膝をついて支える子供たちが不憫で、私は見ていてつらかった。 丹波新聞さんのサイトより)

 

なんとか絞り出す

昨日は6の付く日で、例によっていつものスーパーに買い物に。ところが、買い物を始めて気が付いた。メモを忘れた!普段から次の買い物で買うものは、買い忘れないよう流しの近くにメモ用紙を準備しておいて、そこに気が付いた都度書き留めている。だから一割引の日の買い物にはそのメモを持って出かけるのだが、それを久々に忘れてしまった。

 

確か食品でなく日用品で、めったに買わないもので必要なものがあった・・・という記憶はあるのだが、それが何であったか分からない。急を要するものではなく、次の6の日でも大丈夫かも知れないが、もしかしたら出直す羽目になるかもしれない。それは避けたい。

 

お決まりの食品を買いながら懸命に思い出す努力をする。と、嬉しいことに頭に浮かんだのだ。体温計!

 

毎朝いちばんに計る体温だが、どうもこのところピッタリ同じ値が続き、いささか体温計の信頼度に疑問がつきまとう。もう随分長く使っているので、買い替えの必要があるのかも知れない。

 

ネットで体温計の買い替え時を調べると、なんと、5年となっている。我が家のものは5年どころではない。2004年の途中から導入したパソコンの家計簿データを調べても、おそらく体温計というデータはないだろう。電池が無くなって計測不能になるのが寿命だとばかり思っていた。これはもう、買い替えるしかない。

 

結果的には、今までこれほど使い続けてきたのだからいまさら慌てなくても、次の6の日でも大丈夫だったが、私にとっては思い出せた!ということが重要だ。その他の買い物も、奇跡的にすべて買い忘れはなかった。自分の記憶力を、ちょっとだけ褒めてやってもいいかなと思えた昨日の買い物であった。

 

 

30秒間見て、どれだけ記憶できるかな? (kisaさんのサイトより)

 

文字ではどうかな? (同サイトより)

ガザ緊急スタンディング

先週末から昨日にかけて、仲間たちが「ガザ緊急スタンディング」を行ってくれた。私も参加したいとは思いながら、長いこと駅前スタンディングから遠ざかっているため、どうも夕方出かけるタイミングがつかめず、参加しそびれてしまった。

 

おととしの2月から行っている、コーヒー断ちのウクライナの平和のためのお祈りにガザも加え、それからささやかな寄付をした。せめて自分にできることを無理のない範囲で実行したいと思うので、スタンディングも参加しようと思ったのだが・・・。

 

いち地方都市の駅前でスタンディングをしてなにほどの効果があるかと言えばないかもしれないが、ガザで罪もない子供たちが殺されているのを傍観しているのはつらい!とそれぞれの方法で声を上げるのは大切なことのように思う。

 

今回の豊橋のスタンディングでは、高校生や外国の人の参加もあったそうだ。2万円弱だけれどカンパも集まったという。次回は今月20、21、22日の三日間、17:00~18:00を計画しているとのこと。なんとか次こそ参加したい。

 

 

 

魅力的な食べっぷり

ドラマファンなら、もうこのタイトルで何のドラマか分かるかもしれない。そう、杉咲花さん主演の『アンメット』だ。

 

杉咲さん演じる川内ミヤビは、事故で脳を損傷したため記憶障害を持つ脳外科医だ。過去2年間の記憶がなく、今日のことも明日にはすべて忘れてしまう。そのためノートにその日の出来事を詳細に記録し、朝起きるとまずそのノートを読んでそれまでの自分を記憶し直すという日々を送っている。

 

彼女の記憶障害は治す方法がないと主治医の大迫教授(井浦新)は言い、アメリカの大学病院から赴任してきた脳外科医三瓶(若葉竜也)は、ミヤビに「君と僕は婚約していた」と言い、なんとか彼女を治したいと思っている。

 

大迫教授も三瓶医師もミステリアスだし、教授の秘書の西島(生田絵梨花)もその婚約者綾野(岡山天音)も何やら秘密を抱えていそうだが、それぞれ事情はありそうなものの、今のところどの人物にも陰湿な悪意などはなく、ミヤビを取り巻く医療チームのチームワークも良く、気持ちよく見られる良いドラマになっている。

 

テレビでの露出の少なかった若葉さんの演技にも目を奪われるが、毎回描かれるミヤビの食事シーンでの、杉咲さんの食べっぷりが実に気持ちよい。ドラマ内で綾野に「ひと口がでかい」と評される場面もあって、そういう設定になっているようだ。ここ2年の記憶がないばかりか、毎日の記憶が消えてしまうという大変な状況にありながら、この小気味よい食べっぷりにミヤビの前向きに生きる力を感じる。

 

そしてそんな、いっぱい頬張りながらしゃべるというシーンが多いのに、下品にならずミヤビという女性を魅力的に演じる杉咲さんはすごいと思う。ただセリフの言い方で、言葉の切れ目の助詞を強めに言う癖があり、それが増えるとあまり知的に見えなくなる。以前NHKのドラマでは非常に気になったが、今回のドラマでは医師という職業を意識してか、比較的抑えられている(本人か演出か)ようでぜひこの調子で願いたい。

 

 

今日のことが明日になると消えていると言うと、2015年の新垣結衣さんと岡田将生さんの『掟上今日子の備忘録』を思い出す。明日になるとすべて忘れてしまうため、「どんな事件も今日一日で解決する最速の探偵」今日子だが、彼女を思う隠館厄介(岡田将生)のせつなさが胸にしみる作品だった。

 

さて、アンメットはこれまた原作は漫画で現在も連載中らしい。はたして婚約していたというミヤビと三瓶はどうなるのか。綾野の思いはどこにあるのか。ミヤビの記憶は戻るのか・・・と興味は尽きず、最終回まで楽しみに追いたい。

 

 

 

攻防あれこれ

3か月の検診とクリーニングのため、今日は20年近いかかりつけの歯科へ。なんとか歯周ポケットの4や3をなくしたいものだと、毎日の歯磨き(とりわけ夜)には力を入れているのだけれど、今回も下の奥歯に4が1つと3がいくつかあった。「今回こそ!」「今回こそ!」と思って挑むのだが、残念ながら連戦連敗だ。

 

歯科の帰りにすぐ近くのダイソーに寄り、植木鉢と観葉植物の土を買った。台所の棚に並べている観葉植物たちは、なるべく大きくしないように適宜刈り込んでいるのだけれど、テーブルヤシの元気さが近頃ものすごく、どうにも現状を維持させるのは可哀そうな感じになってきたため、もう降参して大きくすることにした(どうせなら1メートル以上に育てたい)。

 

すでにピッタリ感!こりゃ、以前の鉢では苦しかったね。

 

黒いのが今までの鉢。

 

歯科から戻ってテーブルヤシを植え替えて、近所のレストランにランチに。今月は私の誕生月で割引サービスの葉書が届いているし、頂き物のこの店の金券もあるので、それらを片付けるために出かける。以前にも書いたが、私はこうした券を持っているのが苦手なのだ。

 

yonnbaba.hatenablog.com

 

苦手ならば、アンケートに誕生日など書かなければ良かったのだけれど、つい欄があればすべて埋めてしまう習性だ。今日で片付いたと思ったら、またさらに次回割引券なるものをいただいてしまった。特別に美味しいわけでも安いわけでもないこのお店がいつも繁盛しているのは、こうした後をひくサービスのせいか(駐車場も広くてとめ易いけど)?

 

攻防あれこれ、三戦連敗・・・。

 

 

 

 

雨の週開け

今週は見守り当番。以前の相棒がまだ体調不良で復帰できず、私は別の人と組むことにしたので、前回から3週目での当番だ。いきなり雨で始まったが、降り方もひどくはないし風もないからいいうちだろう。

 

朝、市からの「災害対策本部を廃止しました」のほっとメールが来た。その前を見ると、夜中の1時50分に「柳生川の水位が上昇したので災害対策本部を設置しました」のメールが届いていた。

 

11時には豊川の水位が上昇したので、「豊川放水路分流堰ゲートを開放する」との河川事務所からの連絡を知らせるメールも来た。午後1時半には「開放を中止する」とのメールも。

 

こんなほっとメールが届かなかった以前は、知らぬが仏であっただけなのかもしれないが、なんだか近年非常に災害が増えたように思う。テレビも震度3程度の地震もすぐテロップが入るため、なんだか地震もしょっちゅう起きている気がする。

 

こんなに災害に注意喚起する情報は入るのに、いざ現実に甚大な災害が起きてしまうと、今回の能登のように放っておかれる・・・。注意はするよ。情報は与えてやるから、せいぜい自助努力せいよ!ということなのだろうか。

 

十分ではないものの、できる準備はなるべくするようにしているが、今回の能登のように、断水が何か月も続いたら個人の努力ではなんともならない。料金不払いでも、水だけは簡単に止められることはないとさえ言われる命に直結する水が、こんなにも脆弱な状況に置かれていることを、今回初めて知った。

 

水道管(基幹部分)の耐震化を示す「耐震適合率」が、愛知県は東海3県では一番高いもののそれでも59.8%。やはり新たな箱ものなど作っている場合ではなく、こうしたところに優先して予算をつけてほしいものだと思う。

 

アタシの非常袋、よろしくニャ。 (PetLIVESさんのサイトより)

 

 

 

 

一斉清掃そして老人会例会

通常は一斉清掃は月の最初の日曜日だけれど、例年5月はゴールデンウイークの真っ最中ということで第2週になる。というわけで、今日は8時から掃除や草むしり。低気圧が近づいているようで薄曇りの天気は、日焼けの心配がなくて好都合だ。いかにも雨が近い感じの風が吹いて少々肌寒く、天気が良ければ汗をかく5月の草取りだが、今日は快適に行えた。

 

30分の清掃のあと家に入ると、やれやれとお茶にする間もあらばこそ、すぐに玄関のチャイムが鳴る。掃除に全戸が参加しその場で共益費が集まってしまう組の組長さんが、お金を持ってくるのだ。

 

そうかと思えば、回収期限の日を過ぎてもお金が届かず、催促しなければならない組も必ずいく組かある。時にはその年の組長さんの性格でうっかりしている場合もあるが、たいていは組の中に集金の困難な人がいる場合で、毎年誰が組長をしても同じことになるケースが多い。

 

第2日曜日は老人会の例会の日でもあるので、午後はそれに参加。他の予定と重なった人が多く、11人と2015年の発足以来最も少ない参加者になった。冗談で「こういう日にビンゴをしたら、いく周りもできて商品がたくさんもらえるね」と言ったら、いつも賞品の調達を担当してくれている人が本当に買い物に行ってくれて、急遽ビンゴ大会開催となった。

 

通常は球状のカゴの中に数字の書かれた小さなボールが入っているビンゴの道具を使うが、今日はその準備がなかったので、いつもそのカゴを回す役をしている男性が、スマホのアプリで行った。ビンゴのアプリまであるとはつゆ知らずビックリ!私の隣の席の参加者も、「なんでもスマホでできちゃうんだなあ」と感心していた。

 

スマホがなくても困らない生活を維持したいと思うけれど、世の中のスマホ利用はいったいどこまで進むのだろう。

 

 

アタシ、もうこれがないと生きていけないニャ。 (ITmediaさんのサイトより)