あとは野となれ山となれ

たいせつなことは目には見えないんだよ・・・

テレビ・ニュース

懐かしい名前に思う

先週の土曜日、朝起きていつものようにテレビをつけると、『あの人に会いたい』をやっていた。そうか、今日は土曜日だ・・・と思う。 その日は赤松良子さんだった。それこそ、『虎に翼』の三淵嘉子さんたちが切り開いた道に続いた人物だ。「細川内閣で民間から…

やっとここまで

NHKでは優秀なやる気のある人材はみんなドラマ班に集まってしまったのかと思われる昨今だけれど、そうした中、また素晴らしい作品が生まれようとしている。『%(パーセント)』だ。 『燕は戻ってこない』で、主人公大石理紀の同僚で奨学金返済のために風俗…

魅力的な食べっぷり

ドラマファンなら、もうこのタイトルで何のドラマか分かるかもしれない。そう、杉咲花さん主演の『アンメット』だ。 杉咲さん演じる川内ミヤビは、事故で脳を損傷したため記憶障害を持つ脳外科医だ。過去2年間の記憶がなく、今日のことも明日にはすべて忘れ…

ちょっと早く届いた花

今度の日曜日は母の日ということで、ちょっと早く可愛い花が届いた。 自分は晩婚であろうと思っていたが思いのほか早く結婚し、子供にも恵まれ、幸運なことに子供たちは二人とも元気に成長した。これだけで十分幸せだったと思う。二人が高校・中学へと進学す…

朝のお茶のお楽しみ

朝の一服・・・と言っても、まるでひと働きも何もしていないのだけれど。さんざんのんびりと朝食やネット散歩を楽しんだ後、シャワーを浴びて身支度を済ませ簡単な掃除をする。 朝食が早いので、ここでたいてい朝食から3時間以上過ぎていて、労働と言えるほど…

NHK+(プラス)を宣伝するけれど

朝のニュースを見ていると、毎日まいにちNHK+(プラス)の宣伝が入る。いかに便利かを訴え、QRコードでアプリケーションをダウンロードして、「おはよう日本」を通勤や家事の合間にも視聴するようにと宣う。 ハイハイ便利なことは分かりました! しかし、便…

屈み女に反り男

相変わらず快進撃の続く朝ドラ『虎に翼』だけれど、内容もオープニングもさることながら、サブタイトルもまた興味深い。 第一週:女賢しくて牛売り損なう 第二週:女三人寄ればかしましい 第三週:女は三界に家なし 第四週:屈み女に反り男 という具合にきた…

ごちゃまぜで生きる

昨日の日曜日。朝テレビをつけると、「ごちゃまぜで生きる・・・」という言葉が聞こえてきた。Eテレの『こころの時代』だった。 「ごちゃまぜ」というのは私がかかわっているNPОが掲げているものなので、興味を惹かれて見てみた。 番組ホームページの紹介に…

「NHKでやらなさそうなアレ」とは?

番組表によると、今日の深夜というかもう日付が変わってからだけれど、NHK総合で『NHKでやらなさそうなアレ』という番組を放送するようだ。深夜帯とはいえ、番組のタイトルである。「やらなさそうな」! NHKのサイトでも堂々と番組の宣伝で取り上げている。 …

はて?

朝ドラはずっと見る習慣がなく、長男の伴侶が帰省で我が家にいた時に、続きを見たいということで一緒に『ちゅらさん』を見たのがきっかけだった。面白くて、彼女が帰った後も一人で最後まで見続け、その後再放送された折には初回からすべて見た。 けれどもそ…

終わってしまった

話題を呼んだドラマ『不適切にもほどがある!』が終わってしまった。最終回が楽しみでもあり寂しくもあるという作品はそれほど多くないが、このドラマは本当に楽しませてもらったし、まだしばらく繰り返し見そうな気はするが、もう新しいものが見られないの…

仲間への叱咤激励か

昨年2月にBSで放送されたもののようだが、NHKスペシャル未解決事件『松本清張と帝銀事件』を見た。 大沢たかお演じる松本清張と、要潤演じる文藝春秋の田川博一編集長を中心とするドラマに、実際の映像を加えている。 帝銀事件とは、1948年1月26日に東京都…

『日曜劇場』に見るテレビ界の変化

年末の再放送時に録画しておいた、TBS日曜劇場の『とんび』を見た。日曜劇場の作品の中でもとりわけ『とんび』は良作だとは思うけれど、現在の日曜劇場が先日最終回を迎えたばかりだったので、その質の余りの違いに愕然としてしまった。 ジャンルの違うサス…

雪国の温かさ

先日、録画しておいた『ドキュメント72時間 札幌 雪道を走る灯油配達車』を見ていたら、終盤で灯油配達車が突然停車した。何事かと思うと、道路わきの雪に突っ込んでしまって立ち往生している車がいた。その車に手助けするための停車だった。 配達員はすぐ自…

面白いにもほどがある

今期も録画はしたものの視聴する意欲はあまりわかないドラマが多い中、昨シーズンの『きのう何食べた?』と同じように、翌朝家事が一段落すると早々に見たい気持ちになるのが『不適切にもほどがある』だ。そうして朝一で録画を見ながら、夜にはネットフリッ…

もう五回目だというのに

今までにもう4回経験しているはずなのに、2月の後半に休日って・・・はて、何の日だったかしら?と思ってしまう(罰当たりかもしれないが)。まあ、そもそも365連休の身分で、休日そのものにあまり関心がない。 ということで、世間的には三連休の初日だ。しか…

やっぱり温かい、3年ぶりの『ハルカの光』

NHKドラマ『ハルカの光』の再放送が始まった。録画しておいたものを見たら、やっぱりしみじみと良い。全5回、あっという間に終わってしまうので、見ようという方はお早めに。 ハルカの回想シーンに10年前の避難所(ハルカは宮城の出身)の場面があった。ま…

こういう生き方がどんどん取り上げられたら

「バラエティは絶対出たくない。くだらないから」という小泉今日子さんの言葉が目について、吸い寄せられるようにクリックした。 bunshun.jp 文春オンラインの記事で、小泉今日子さんと有働由美子さんの対談だ。これだけはっきり「バラエティはくだらない」…

外注加工費(ドラマ『ガラパゴス』より)

2021年に『今ここにある危機と僕の好感度について』という傑作を生んだNHKのドラマ班が、相変わらず頑張っている。今回は『ガラパゴス』。タイトルからどんな物語なのだろうと考えていたのだが、「ガラパゴス」は「ガラパゴス携帯」の「ガラパゴス」だった。…

遅ればせながら『天狗の台所』

Bettyさんが以前のブログで触れていらした『天狗の台所』、気になってTVerで見てみたら、これが本当にゆったりのんびりで私の好みで、味わいながら2話まで見たところだ。我が家では衛星放送は利用していないので、この作品は全くノーチェックだったが、Bett…

時任さんのナレーションと、やっぱりアリーナ

ドラマ『うちの弁護士は手がかかる』が、だんだん面白くなってきた。香澄法律事務所のチームワークもとても良くなってきて、メンバー一人ひとりも味が出てきている。最初はただ不愛想なだけだった天野杏弁護士(平手友梨奈)も、不器用な中に時折りのぞく可…

賞金1億2000万円!コラッツ予想

シリーズ1も分からないながらも楽しく視聴した『笑わない数学』、10月からシーズン2が始まった。 2回目は「コラッツ予想」。初めて聞く。古来多くの数学者を悩ませ、下手に近づくと人生を狂わせると恐れられている超難問だそうだ。 「偶数なら2で割り奇…

思いがけない拾い物

テレビ東京の深夜ドラマで『亀も、青春は短い』というものがあった。秋ドラマのスタートにしては早い。タイトルからしてこれから売れそうなタレントさんを使った、若者層向けのものかとも思ったが、まあ面白くなければ見るのをやめて消去するだけだと思い、…

驚きの世界の入試

『ニュー試 世界の入試で未来が見える』はこの7月にレギュラー放送になったようだけれど、その始まりの番組で、2022年の1月15日に放送されたもの。今年の1月17日に再放送されたものを録画で見た。とても面白い内容だったので消去せず残してあるのだが、テレ…

魅力的なおじさんたち

おばあさんに「おじさん」と言われるのは、当のおじさんたちには心外かもしれないが、なんだかこの夏は魅力的なおじさんがいっぱいだ。『シッコウ!~犬と私と執行官』のベテラン執行官のおじさんたちと、『ハヤブサ消防団』の消防団員のおじさんたちだ。 『…

正直者が馬鹿を見る?『シッコウ!~犬と私と執行官』

大森美香さん脚本によるドラマ『シッコウ!~犬と私と執行官』で、執行官なる仕事を初めて知った。 執行官とは、特別職の国家公務員で地方裁判所の管轄下にある職員でありながら、執行処分で得る手数料による出来高払いの、一種の独立採算の仕事なのだそうだ…

『美の壺』を熱く見ていた時があった

16年前の2007年の夏、ヤフーブログに書いた文章。 ***** いま私が一番楽しみに見ているテレビ番組『美の壺』。 以前から職人の技が好きだったし、古いものも好きなので、まさに私にとってこの番組はツボ、でした。もっと早く知っていたかった!!!とちょ…

投票率23.76パーセント!

昨日が投票日だった埼玉県知事選の投票率が23.76パーセントで、知事選での全国最低の記録を更新したそうだ。4人中3人以上が投票に行かない。これでは「もうどうぞお好きにやってください」状態だ。 もしも40人のクラスで学級委員を決めるとして、そのうち…

最高のパートナー

私の住む地域では、現在東海テレビ(フジ系)で『監察医 朝顔』のシーズン2が再放送されている。11話を過ぎてもまだ続くのであれ?と思ったが、そういえばシーズン2は珍しく2クール続きで放送されたのだった。シーズン1もシーズン2も良かったが、再放送…

通常開催された手筒花火奉納

当地が発祥という手筒花火。昨夜はその奉納の日だったそうだ。 www.toyohashigion.org コロナ禍でも、この奉納は本数を減らしながらも行われ続けていたようだが、今年は本来の350本が奉納されたという。 TASUKIさんのサイトより そして今夜は祇園祭の花形、…