あとは野となれ山となれ

こどもや動物、みんなが安心して暮らせる世界でありますように・・・

ひたすら可愛い郷敦(壱成)くん、投票日までに誕生日が来るなら選挙行こうね!

早いもので、あさってからはもう9月で、夏ドラマもみな終盤だ。終わると寂しいなと思うのは、鈴木亮平さんの『TOKYO MER』あたりか。天海祐希さんの『緊急取調室』もシーズンが進んでも質が落ちず、相変わらずの引き締まった面白さ。もうすぐ緊取り班解散とか言っているけれど、テレビ朝日のことだからまた続編はあると思うので心配はない。

 

さて、コミック原作らしくまさに「漫画のような」出だしで脱落しかかった『プロミス・シンデレラ』だが、お金にものを言わせて同級生にも威張り散らし、ヒロインにも無理難題を吹きかけて、ものすごく嫌なヤツ設定の高校生役の眞栄田郷敦くんがあまりにも憎めない可愛さで、それにひかれてずっと見続けている。

 

郷敦くんは老舗旅館の次男坊壱成。優等生タイプの兄成吾(岩田剛典)への反発や、幼い時に家を出ていく母に捨てられたという感情を抱えていて、素直になれない。いまは一線を退いている大女将の祖母(三田佳子)と、古くからの執事吉寅(高橋克実)だけが彼のよき理解者のようだ。

 

夫に離婚を切り出されて家を飛び出し、そのうえひったくりに遭遇して無一文になり公園で寝ていて壱成に拾われるヒロイン早梅を演ずるのは、芸達者な二階堂ふみさん。二階堂さんをもってしても、このヒロインにはあまり魅力が感じられない。前回など、ヒロインにきつく当たる先輩中居さんの早梅批判に、いちいちうなづいてしまった。もともとそういうキャラクター設定なのかもしれないが、なぜこのヒロインが兄弟二人に想われるのか不思議だ。

 

単なる偶然だろうが、今期のドラマで、『・・・EMR』で菜々緒さん演じるナースが夏梅で、二階堂さんは早梅。梅のつく名前のヒロインが被った。しばらくしたら、生まれる女の赤ちゃんの名前で梅が人気を呼ぶかもしれない。折しも「しわしわネーム」とやらもじわじわ注目され始めているようだし。

 

 

 

さて、『プロミス・・・』の壱成くんは17歳なのだけれど、もし彼がこの9月とか10月の誕生日なら、選挙権が発生するかもしれない。今日のニュースでは衆議院選挙の投票日は10月17日あたりとか。投票日当日に満18歳なら投票できるので、今はまだ17歳だとしても、該当する人はぜひ今からしっかり考えてほしい。

 

若い人たちの意見を聞くサイトも。

mezase75.jp

 

 

f:id:yonnbaba:20210830164705j:plain

 

f:id:yonnbaba:20210830164726j:plain

原作のキャラクター設定がいいのか、それとも演じている郷敦くんの魅力なのか。壱成くんにおばあちゃん(孫より年下だ)はきゅんきゅんしている。